クラブについて


フットボールの持つ特性から、

少年期における人格形成・人間育成のために
フットボールを通して
ひとりひとりの個性をのばしたい

世田谷和光FCでは、フットボールを愛する気持ちを伝えることを一番大切にしています。 
子供は遊びの中から多くを経験し学んでいきます。
「楽しい!」と感じることで夢中になり、
好きになり多くを吸収していくのです。

そして、「やった!できた!勝った!」の喜びを数多く経験することで、さらに欲求が高まり、 学ぶ楽しさ、考える楽しさを身に付けて行きます。

従って、世田谷和光FCでは「フットボールは考える遊び」であるという
哲学のもとに、フットボールを通して学ぶ楽しさ、考える楽しさを育んでいくことを指導指針としています。

そのためには、子供に直ぐに答えを教えるのではなく、
子供なりの答えを出せるようにヒントを与えてあげることが大切だと考えています。フットボールの答えは、人生と同様に正解がひとつとは限りません。

子供の判断と意思決定を尊重することで、
子供は自己責任においてミスを認めて反省できるようになります。

さらに、答えに選択肢の幅を与えてあげることで、
柔軟な思考回路を形成します。

世田谷和光FC   代表 天野 草太